検索 search



NEW!!

通信販売のご案内 Order

●日本国内送料無料
(代引は、手数料別途350円)
●代引きの他、
郵便振替・PayPalが利用可能。
●郵便振替の場合は、払込み手数料はご負担頂きますが、その代わり、1回の払込みに対して100円お値引きします。
●代引きの発送は、ご本人確認のため、お送りしたご注文確認メールに対しご返信をいただいています。なお、代金引換郵便をお受取りにならなかった場合は、次回以降、代金引換でのお申し込みはお受けできませんので、ご了承下さい。
●発送は厚紙のみの簡易梱包となります(基本的に郵便局のゆうメールで発送)。
●土日祝日の発送はお休みです。
●購入画面で会員登録していただいた方には100円あたり1ポイント付きます。100ポイント=100円でご購入の際ご利用になれます。

We can ship abroad (Shipping charge will be added to a displayed price).
The detailed information, please click an upper link "Shipping to Addresses Outside Japan".

Most books are written in Japanese. If you want art book, please choose category "TH ART Series". whitch is a book of paintings or photographs. Please enjoy Japanese alternative arts.

朝松健「朽木の花〜新編・東山殿御庭」 2018/11/29ごろ店頭へ!

  • クリックで画像を表示

発行:アトリエサード/発売:書苑新社
ISBN:978-4-88375-333-8
四六判・カヴァー装・320頁・税別2400円

[Amazonで購入] [アトリエサード直販で購入]
(※予約に関して)
[hontoで購入]
[Books.or.jp (各ネット書店へのリンクあり)]

――――――――――――――――――

「坊さん、よう生きとったな」

様々な怪異や妖かしに立ち向かう
一休宗純の壮絶な生涯を描いた
傑作 室町伝奇小説!

宮部みゆき氏に絶賛された
日本推理作家協会賞候補作「東山殿御庭」から
書き下ろし「朽木の花」まで、
朝松健が描く一休ものの集大成!

========
世は室町ブームである。

しかし約二十年前から、室町時代を題材にした伝奇小説を、ひたすら書き続けている作家がいる。朝松健である。

「朽木の花」に登場した時点の一休は、大切な人を失い、この世のすべてに絶望している。本作が書き下ろしであることを考えると、実に興味深い。
一休の絶望は、平成が終わろうとしている現在の日本に対する絶望ではないのか。
本書は一休の年齢順に作品が並べられており、この物語の彼は七十七歳である。あまたの壮絶な体験を経てきた一休の行き着く先が絶望かと思えば、なんともやりきれないではないか。
だが作者は、瑞輪寺での出会いにより、一休に希望と未来を与える。年齢も時代相も関係ない。人は生きている限り、希望を抱いて未来に向かっていくべきなのだ。

世は室町ブームである。ようやく時代が、作者に追いついたといっていい。だから、本書が出版される意義がある。

伝奇小説でなければ表現できなかった室町時代が、ここに屹立しているのだ。
――細谷正充(解説より抜粋)
========

――――――――――――――――――

朝松 健 (あさまつ けん)
1956年、札幌市に生まれる。出版編集者として幻想文学、魔術書の数々を企画、編集。1986年に『魔教の幻影』で小説家デビュー。以降、ホラーをはじめ、ユーモア格闘技小説、時代伝奇小説、妖怪時代コメディなど、幅広いジャンルで活躍。代表作に『アシッド・ヴォイド』『Faceless City』『邪神帝国』『金閣寺の首』など。2006年「東山殿御庭」(本書所収)が日本推理作家協会賞候補となる。〈ナイトランド・クォータリー〉に創刊号より《一休どくろ譚》を連載中。近年はトークイベントにも出演、歯に衣着せぬコメントでファンを沸かせている。

――――――――――――――――――

[アトリエサード直販に関するご案内]
2,592円
注文数:

Shopping Cart

カートは空です。Shopping cart is empty.

ログインフォーム

お問い合わせ