検索 search



NEW!!

通信販売のご案内 Order

●日本国内送料無料
(代金引換郵便は、手数料別途350円必要)
●郵便振替・PayPal・クレジットカード、代金引換郵便が利用可能。
●郵便振替の場合は、払込み手数料はご負担頂きますが、その代わり、1回の払込みに対して100円お値引きします。
●代金引換郵便の発送は、ご本人確認のため、お送りしたご注文確認メールに対しご返信をいただいています。なお、代金引換郵便をお受取りにならなかった場合は、次回以降、代金引換でのお申し込みはお受けできませんので、ご了承下さい。
●発送は厚紙のみの簡易梱包となります(基本的に郵便局のゆうメールで発送)。
●土日祝日の発送はお休みです。
●購入画面で会員登録していただいた方には100円あたり1ポイント付きます。100ポイント=100円でご購入の際ご利用になれます。

We can ship abroad (Shipping charge will be added to a displayed price).
The detailed information, please click an upper link "Shipping to Addresses Outside Japan".

Most books are written in Japanese. If you want art book, please choose category "TH ART Series". whitch is a book of paintings or photographs. Please enjoy Japanese alternative arts.

ExtrART file.27 ◎FEATURE:死を想い、生を描く 2020/12/28ごろ店頭へ!

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

ExtrART file.27



A4判・並製・112頁・税別1200円
ISBN 978-4-88375-430-4
発行=アトリエサード/発売=書苑新社(しょえんしんしゃ)

[Amazonで購入] [アトリエサード直販で購入]
[※予約に関して]
[hontoで購入]
《書店様用注文フォーム》

[試し読み]

こんな作家に出会ってほしい……

ヴィジュアルをメインにした誌面構成で、既存のアートの価値観にとらわれず、展覧会レポなどを通して、個性的なアーティストや作品を紹介していく、少々異端派なアートマガジン、ExtrART(エクストラート)

file.27のフィーチャーは「死を想い、生を描く」。
死に想いを馳せてみよう。
そうすることで、新たな生のあり方が見えてくるはずだ。
死を描くのではなく、死を想うことで生を描く作家たち。

これ以外にも多彩なこだわりの表現をピックアップ!

==================
■主な内容
==================
▼FEATURE:死を想い、生を描く
亀井三千代《絵画》
 〜隠され、虐げられているものを、できる限り美しく描いて光をあてたい〜
 ★解剖学という「死」に学んだものを、春画を借用して「生」へと転換させる
伊東明日香《絵画》
 〜死を意識することで見えてくる、自然と共存する生き方の指標〜
 ★より美しい「生」をまっとうするために、「死」と向き合う
村上仁美《陶》
 〜プリミティブな世界で、生/死を問いかける〜
 ★焔は、死を通して、不変の強さと美しさという、新たな生を付与する
ある紗《絵画》
 〜少女は、死が放つ冷気に気付いてしまった〜
 ★生死の狭間の葛藤の中で、孕み産む予感を抱える
田中童夏《絵画》
 〜死に向かって、なだらかに下っていくかのような空気感〜
 ★その死の世界は、会えなくなった誰かと出会える場所
キジメッカ《絵画》
 〜異形となって、生きる力を身につける〜
 ★コロナ禍の中、新たな再生を夢見て再び描き始める
多賀新《絵画・版画》
 〜ストリップ劇場に住み込んでいた頃、銅版画の魅力に目覚め、プレス機を楽屋に持ち込んだ。〜
 ★乱歩的な幻想、エロスから、仏像に想を得たタナトスの探求へ
 /文・志賀信夫

▼PICK UP ARTISTS
東學《絵画》
 〜女性の衣も心も暴いて描かれた「肌絵」の数々〜
 ★女性の魔性的な情念を赤裸々にする
山本竜基《絵画》
 〜この世の森羅万象すべてを描きたい〜
 ★ストイックに大胆に、半径3メートル以内のリアルを描く
 /文・志賀信夫
髙瀨実穂子《版画》
 〜植物やキノコだけが繁茂する、人の気配のない最果て〜
 ★生死のサイクルを静かに続ける、植物やキノコの営為に惹かれて
北見隆《絵画》
 〜自分の絵は、フォークアートや日本の南蛮画の系譜だと思っている。
 ★60年代のイラスト文化を受け継ぎ、独自の幻想世界を描き出す
 /文・志賀信夫

▼REPORT
後藤麦×今大路智枝子「感能植物」展
 〜植物を愛する写真家と、植物で肌を染めるアーティスト〜
 ★呪術的なボディアートと、それが放つオーラを捉えた写真

表紙及び目次背景/亀井三千代 《春》
執筆者名を省略した記事/文・沙月樹京
===================

―――――――――――――
*p.42掲載の田中童夏さんの作品のタイトル等が誤っていました。お詫びして訂正させていただきます。
 (誤)《死のみるゆめ》 2020年、500×750mm、色鉛筆・ダーマトグラフ・オイルバー / 黒マーメイド紙
 (正)《そうまとうたち》 2019年、297×420mm、色鉛筆・ダーマトグラフ / 黒マーメイド紙
―――――――――――――

[アトリエサード直販に関するご案内]
1,320円
注文数:

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

Shopping Cart

カートは空です。Shopping cart is empty.

ログインフォーム

お問い合わせ