検索 search



NEW!!

通信販売のご案内 Order

●日本国内送料無料
(代金引換郵便は、手数料別途350円必要)
●郵便振替・PayPal・クレジットカード、代金引換郵便が利用可能。
●郵便振替の場合は、払込み手数料はご負担頂きますが、その代わり、1回の払込みに対して100円お値引きします。
●代金引換郵便の発送は、ご本人確認のため、お送りしたご注文確認メールに対しご返信をいただいています。なお、代金引換郵便をお受取りにならなかった場合は、次回以降、代金引換でのお申し込みはお受けできませんので、ご了承下さい。
●発送は厚紙のみの簡易梱包となります(基本的に郵便局のゆうメールで発送)。
●土日祝日の発送はお休みです。
●購入画面で会員登録していただいた方には100円あたり1ポイント付きます。100ポイント=100円でご購入の際ご利用になれます。

We can ship abroad (Shipping charge will be added to a displayed price).
The detailed information, please click an upper link "Shipping to Addresses Outside Japan".

Most books are written in Japanese. If you want art book, please choose category "TH ART Series". whitch is a book of paintings or photographs. Please enjoy Japanese alternative arts.

ExtrART file.25 ◎FEATURE:ヒトガタは語る 2020/6/24ごろ店頭へ!

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

ExtrART file.25



A4判・並製・112頁・税別1200円
ISBN 978-4-88375-408-3
発行=アトリエサード/発売=書苑新社(しょえんしんしゃ)

[Amazonで購入] [アトリエサード直販で購入]
[※予約に関して]
[hontoで購入]
《書店様用注文フォーム》

[試し読み][主な取扱店]


こんな作家に出会ってほしい……

ヴィジュアルをメインにした誌面構成で、既存のアートの価値観にとらわれず、展覧会レポなどを通して、個性的なアーティストや作品を紹介していく、少々異端派なアートマガジン、ExtrART(エクストラート)

file.25は「ヒトガタは語る」。
ヒトガタに込められた思いや物語。
その魂を探り当てれば、ヒトガタは饒舌に語りだす――。

人形作家をフィーチャーしたほか、
その他にも独自の世界を描く6人の画家を取り上げました。

==================
■主な内容
==================
三浦 悦子《人形》
 〜無垢な楽しみとユーモアも感じさせるトルソ作品〜
 ★既成概念にとらわれず、人形にも彫刻にもおさまらない作品群を生み出し続ける
Mekkedori《人形》
 〜自然の厳しさを耐え忍び生き抜いていく、健気な生命力〜
 ★冬の森の中、静寂を楽しんでいるかのような素朴な人形たち
ヒロタ サトミ《人形》
 〜おめかししたり、うたた寝をしたり……3体の人形が醸すリアルな生活感〜
 ★人形を通じて50年後、100年後の誰かを喜ばせたい

◎REPORT
朱宮垂狐、田野敦司、日隈愛香、横倉裕司、夜野茉莉亞〜「人形―ヒトガタ―陳列室」
 〜じっくり対峙するにつれ、歪みが面白く、いとおしく感じてくる〜
 ★異形なヒトガタたちとスリリングな対話を愉しむ

◎PICK UP ARTISTS
羅入《絵画・立体》
 〜「根源」につながって制作することで、対峙した人のアニマの琴線を震わせる〜
 ★密教をベースに、精神世界と現実をつなげた表現を目指す
 /文・志賀信夫
成田 朱希《絵画》
 〜スカートの下の劇場には、無数の私的性的物語が秘められている〜
 ★女性の内側にうごめく無数の物語からにじみ出す、闇を感じさせるエロティシズム
 /文・志賀信夫
サワダ モコ《絵画》
 〜電脳的世界へダイブすることで見える、奇妙に歪んだ光景〜
 ★ネット社会において、少女が実感しているリアルとは何か?
山本 有彩《絵画》
 〜薄膜的、空気遠近法的な質感と、明晰な線との均衡〜
 ★一見静謐だが、耽美的な狂気と清新なエロティックさを秘めた美人画
 /文・並木誠
塙 興子《絵画》
 〜介護の辛い気持ちをぶつけて自然に描きあげた細密画で、「やっと自分の絵が描けた!」と思った
 ★アングラ演劇、ゴールデン街、アダルト誌の挿絵などの遍歴と、トラウマを感じさせる細密画
 /文・志賀信夫
遊(アトリエ夢遊病)
 〜童話をモチーフにしながらも、背筋が寒くなりそうな不気味さが漂う〜
 ★子供時代へ戻ることを夢見て、点描を重ねる

表紙及び目次背景/三浦悦子 《深海の書物》
執筆者名を省略した記事/文・沙月樹京
===================

[アトリエサード直販に関するご案内]
1,320円
注文数:

Shopping Cart

カートは空です。Shopping cart is empty.

ログインフォーム

お問い合わせ