検索 search



NEW!!

通信販売のご案内 Order

●日本国内送料無料
(代引は、手数料別途350円)
●代引きの他、
郵便振替・PayPalが利用可能。
●郵便振替の場合は、払込み手数料はご負担頂きますが、その代わり、1回の払込みに対して100円お値引きします。
●代引きの発送は、ご本人確認のため、お送りしたご注文確認メールに対しご返信をいただいています。なお、代金引換郵便をお受取りにならなかった場合は、次回以降、代金引換でのお申し込みはお受けできませんので、ご了承下さい。
●発送は厚紙のみの簡易梱包となります(基本的に郵便局のゆうメールで発送)。
●土日祝日の発送はお休みです。
●購入画面で会員登録していただいた方には100円あたり1ポイント付きます。100ポイント=100円でご購入の際ご利用になれます。

We can ship abroad (Shipping charge will be added to a displayed price).
The detailed information, please click an upper link "Shipping to Addresses Outside Japan".

Most books are written in Japanese. If you want art book, please choose category "TH ART Series". whitch is a book of paintings or photographs. Please enjoy Japanese alternative arts.

与偶人形作品集「フルケロイド FULLKELOID DOLLS」

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

Yogu "Fullkeloid Dolls"
(TH ART Series -- ART BOOK)

発行:アトリエサード/発売:書苑新社
ISBN:978-4-88375-265-2
A5判・ハードカバー・68頁・税別2750円

アトリエサード直販で購入
Amazonhonto
※予約に関して
Books.or.jp (各ネット書店へのリンクあり)

―――――――――――――

哀しくも美しい異形の者、モノ 、物の怪たちの
美麗な遊園地にいつまでも浸りたい!!
――園子温(映画監督)

―――――――――――――

両親より凄惨な虐待を受けながら育ち、中学のころ自ら精神科医院に赴き、
「分裂病(現在は「統合失調症」と呼ばれる)」との診断を受けながらも、
高校時代に球体関節人形に関心を持ち、独学で人形制作を始めた与偶。

凄みのあるその作品は、多くの人の心に強く突き刺さり、勇気を与えている。

待望の初作品集である本書は、
広げると横4倍にもなる口絵も2枚挿入し、
与偶の20年にわたる作家生活を総括する一冊です!

―――――――――――――

いったい何が、この異様な手を作らせるのだろう。
自らの意思を持ち、這い回る蜘蛛のようなその手。
あるものは獲物を求めるかのように指を広げ、
あるものは自らの毒に苦悶し、のたうち回る。
見えない首を絞めるように指を広げるもの、
裏切り者を指弾するように虚空を指すもの。
手の姿をした魑魅魍魎、その眷属。

その手の持ち主はしばしば私たちの前に、傷つき、
病み衰えた姿で現れる。
浮き上がった鎖骨とあばら。
時として落ち窪み、あるいは抉り取られた眼。
顔に、胸に走る深々とした傷。
緊張に引き攣った全身の筋肉、激情のままに逆立ちさえする髪。
蒼ざめたその顔だちは、しばしば道化のような隈取りに彩られ、
血の涙を流している。

作家は自ら産み落としたこの人形たちを鉄の鎖で縛り上げ、
ベルベットの箱に封印し、その手足を斬り落とし、萎えさせる。
まるで人形がそこから這い出し、襲ってくるのを恐れるように。
これは果たして人形なのか。
いや、それは人形の姿をとった、呪いそのものの姿ではないのか。

そう思う人がいても不思議ではない。
それもそのはず、与偶(よぐ)というこの作家は、
自らの腕を彫刻刀で切り刻み、
そこから流れ出す血液を、人形の裏側に塗り込めているのだ。
彼女は人形を拷問にかけるかのように攻め苛み、時として叩き壊し、
それでも生き永らえたものだけを作品として提示する。
与偶にとっての人形とは、そうした呪いの洗礼を経た生け贄なのだ。
――樋口ヒロユキ/解説より

―――――――――――――
★出版記念展 2017/8/8(火)〜20(日)
 東京・銀座 ヴァニラ画廊にて[→詳細]
―――――――――――――

★与偶(よぐ)
 1982年1月5日、岐阜県土岐市に生まれる。先天性の遺伝的疾患(漏斗胸、全身の蒙古斑、幻覚幻聴障害)を持ち、幼児期より日常的に両親から凄惨極まる身体的虐待、性的虐待、心理的虐待を受けながら育つ。1994年4月より父親の一存で愛知県のミッション系私立中学に進学。この時期から精神的な限界を自覚、自ら精神科医院に赴き「分裂病(現在は「統合失調症」と呼ばれる)」と診断を受け、通院治療を開始。
 ミッション系私立高校進学後より、球体関節人形に関心を持ち、独学で人形制作を開始する。2000年3月、高校卒業後からはアルバイトの傍ら、自室で人形制作に打ち込む。名古屋在住の人形作家・神楽氏主催の教室の同人となってグループ展などに作品出品を開始。2001年、漫画原作者・大塚英志氏よりの依頼を受け、同氏制作のCD『ロリータの温度』ヴィジュアルのための人形を制作。2002年末、「季刊エス」創刊号に作品紹介とロングインビューが掲載され、反響をよぶ。それを受け、翌2003年、「季刊エス」第2号より『人形供養』を連載開始。同年4月、京都の昔人形青山/K1ドヲルにて初めての個展を開催。
 成人となっても両親からの虐待は治まるどころか熾烈を極め、生命の危険を感じたために同年初夏、実家から家出。東京に移住する。両親から逃れたその後も、重度の精神病との長期に渡る闘病の他、さまざまな疾患の連鎖によって入退院を繰り返す(現在も継続通院治療中)。
 2010年夏、「TH」第43号より『辛しみと優しみ』を連載開始。2017年夏、初作品集を刊行、東京のヴァニラ画廊にて13年ぶりの個展を開催。

―――――――――――――

[アトリエサード直販に関するご案内]
2,970円
注文数:

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

お知らせ

Shopping Cart

カートは空です。Shopping cart is empty.

ログインフォーム

お問い合わせ